ホーム > みどりのカフェレポート

みどりのカフェレポート

11/28(火) みどりのレッスンを開催しました。

2017年11月30日(木)

11/28(火)に、ギャラクシティにて
みどりのレッスンを開催しました。

前半は、「寄せ植えで楽しむ冬のコンテナ」をテーマに、
講師の徳原真人先生から、コンテナガーデニングのポイントを教わりました。

<コンテナを作る上で大事なこと>
1.目的、飾る場所を明確にする
2.テーマを決めてから植物を選択する
3.同じ性質の植物を選ぶ
さらに、できるだけ大きいサイズのコンテナにすると植物が育ちやすいそうです。

また、季節を無視しては植物を良い状態で育てられない、とのことで、
冬に植えるのに適した植物の種類や特徴を学び、
組み合わせ方の見本を見せていただきました。

徳原先生が、花をたくさん持ってきて実演してくださったので、
とてもわかりやすいレッスンになりました。

クリックで拡大


クリックで拡大


上の写真を見比べてください。
同じチャイニーズホーリーを中心にしていますが、
添える花の種類や色で雰囲気が変わります。
(写真右)
クリスマスに飾る目的で、シクラメンを使って赤と白でまとめました。
(写真左)
冬の寒さの中で暖かみを出したい時は、
黄色、橙、ピンクなどの暖かい色を選びます。

他にも、クリスマスなら、チェッカーベリーやシロタエギク
暖かみを出すなら、プリムラなどの暖かい花色もおすすめだそうです。

皆さんも、目的や飾る場所にあわせて
植物を選ぶところからコンテナガーデニングをはじめてみてくださいね!

クリックで拡大


クリックで拡大


後半の実習では、
チェッカーベリー、ストック2種、パンジーの4苗で、寄せ植えをしました。
皆さん、先生のご指導のもと、素敵に仕上げていらっしゃいました。

霜のあたらない日当たりの良いところにおいて
土の表面が乾いたら水をあげてください。

今回は、今年最後のみどりのレッスンでした。
ご参加いただいた皆さん、ありがとうございました!

次回は、1/30(火)13:30〜15:30
テーマは、「花木はじっくり育ててみよう!」
講師は、同じく徳原真人先生です。
低木のアベリアを使って、いつもより大きい寄せ植えを作る予定です。
会場は、足立区役所中央館2階庁舎ホールです。(1月から会場が変更になります。)
申込期限は、12/26(火)必着です。
ご応募お待ちしております。

クリックで拡大


▲ページの先頭に戻る

11/23(木・祝) ぷらっと寄せ植えを開催しました。

2017年11月24日(金)

11/23(木・祝)に、区役所1階、区民ロビーにて
ぷらっと寄せ植えを開催しました。

今回は、クリスマスの寄せ植えをテーマに
エリカ・ホワイトデライト、プリムラ・ジュリアン(ばら咲き)、パンジーの
3苗で寄せ植えを作りました。

エリカ・ホワイトデライトは、初めてご覧になった方が多いようでした。
4月中旬から5月中頃に樹形を整えるとよいそうです。
常緑低木ですので、長い期間楽しめるように育ててみてください。

今回の寄せ植えは、日向を好む花の寄せ植えです。
日当たりのよい場所に置いて育ててください。

クリックで拡大


クリックで拡大


サブメニューは、
木の実で飾る時計づくりを行いました。
今回のメニューは、小学生以下のお子様も参加できるということで、
たくさんのみなさまにご参加いただきました。

作り方は、はじめに時計のキットを組み立て、
その後、グルーガンで木の実を付けます。
時計の組み立てが難しく、苦労されていましたが、
時計の針が動くと、ほっとした様子でした。

お子さんと相談しながら、木の実を付けていき、
みなさん思い思いの時計を完成させていました。

ぜひ自宅に飾ってくださいね!!

次回のぷらっと寄せ植えは、
1/30(火) 10:00~11:30です。
会場は、区役所2階庁舎ホールとなります。
会場が変更しますので、ご注意ください。
 

クリックで拡大


クリックで拡大


クリックで拡大


▲ページの先頭に戻る

11月7.8日に剪定講習会を開催しました。

2017年11月09日(木)

11月7.8日に剪定講習会を開催しました。

11月7日は、佐野地域学習センター(佐野公園)で、
11月8日は、足立区役所(中央本町三丁目のびのび広場)で行いました。
講師は、岸本講師でした。

前半の講義では、
まず樹木の正しい切り方について学びました。
ブランチカラーと呼ばれる木の分かれ目の少し膨らんだ部分と、
バークリッジと呼ばれる木の分かれ目部分を残して切ると良いそうです。(2枚目の写真参考)

また、切った方が良い枝と、残した方が良い枝についても学びました。
実際に枝を切りながら、説明していただきました。

そして、樹木の正しい剪定時期についても教えていただきました。

常緑樹は、3月~4月、6月~7月
落葉樹は、葉が落ちた12月~3月頃に切ると良いそうです。
花木については、アジサイ・コブシ・サクラ類・サツキなどは花が咲き終わったら
すぐに剪定を行わないと、翌年花が咲かないそうです。

剪定を行う際は、ぜひ剪定時期にも気をつけて行ってください。

クリックで拡大


クリックで拡大


後半は、実習を行いました。

まず、剪定バサミの使い方について教えていただきました。
剪定バサミで枝を切るときは、枝に対して剪定バサミを斜めに入れると
切りやすいそうです。

また、刈り込みバサミで低木の剪定も行いました。
刈り込みバサミは、片方の刃は動かさずに固定して切るとうまく切ることが出来るそうです。
最後に、電動ノコギリの体験も行いました。

みなさん、講師の方の話を聞いて、形が整っていなかった生垣を
綺麗な生垣にしていました。

剪定講習会は、来年の春(5月予定)にも同様の内容で開催する予定です。
ご興味のある方は、ぜひ参加してみてください。

クリックで拡大


クリックで拡大


クリックで拡大


クリックで拡大


▲ページの先頭に戻る