ホーム > みどりのカフェレポート

みどりのカフェレポート

2月8日(木) 暮らしの園芸講座を開催しました。

2018年02月13日(火)

2/8(木)区役所庁舎ホールにて、暮らしの園芸講座を実施しました。

今回は、ガーデンデザイナーの徳原真人先生を講師にお招きし、「季節の花で生活を楽しもう!」というテーマでご講義いただきました。

日々の生活の中で花(や緑)を楽しむために、特に重要なポイントが2つあります。

第一のポイントは、花や緑で飾りたい庭や玄関先、お部屋があるとして、自分はその場所をどのように整えたいのか、そこに置く花や緑に何を求めるのかを、最初に十分考えるということです。
しっかりした目的やコンセプトがないと、パッと見て気に入った植物を手当たり次第に並べるだけになってしまいます。
苗を購入する前に、本当にその場所に必要なものなのか、一度考えるようにしましょう。

もし、すでに雑然とした空間になってしまっている場合は、一度当初のイメージに立ち返っているもの/いらないものを判別・整理します。
お部屋の整理と同じことですね。

第二のポイントは、植物の健康美を発揮させるということです。

開花期は、植物が子孫を残すべく最も活発に活動している時期です。
これはすなわち植物が最も頑張っている時期ということですから、その時期を迎えるまでにしっかり頑張れるだけの状態が整っていなければ、立派な花を咲かせてはくれません。

では、植物を良好な状態に保つために必要なことは何でしょうか?

まず1つ目は、土へのこだわりです。

植物を育てるのはとにかく土です。
よって、土の量と質には十分気を配らなければなりません。
先生のお考えとしては、多少高くても質のよい土を使うほうが、美しい花や緑を楽しめるのだから結局は得ではないかとのことでした。
また、密植は、相対的に土の量の不足につながるので、注意しましょう。

2つ目は、植物の性質にあった場所で管理するということです。

植物には、日あたりを好むものもあれば、日陰で育つものもあります。
また、花びらや葉の大きいものは、マンションのベランダなど風の強い場所は苦手です。
このような場所には、海岸沿いに自生する植物などが適しているそうです。
置き場所の環境と植物の性質があっていないと弱々しい株になってしまいますので、気を付けましょう。

「高い苗が悪いわけではありませんが、苗の値段よりも土と環境を大事にすることが重要です」と先生は繰り返しおっしゃっていました。

さらに今回、限られたスペースで花を楽しむための手法として、コンテナの活用を学びました。

狭い空間に小鉢が並びすぎると、雑然とした印象を与えます。
鉢のサイズや素材の統一感をそろえるのも一つの解決策ですが、思い切って大きめのコンテナにまとめるのも一考に値します。
10鉢を並べるより、その分の苗をまとめて植えられる大きなコンテナを一つ置くほうが、先生はオススメだそうです。

クリックで拡大


クリックで拡大


後半は、コンテナを使った寄せ植えを、先生が実演してくださいました。

まず大事なのは、どのような寄せ植えにしたいのか、しっかりイメージを決めてから植え付けるということです。
空間をどのように整えるかをまず考えるという、講義の最初にあったお話と同じですね。

今回は、ラナンキュラス・ラックス(中央の薄いピンクの花)を主役に決め、寄せ植えすることになりました。
これは非常に華やかな花なので、隣や後ろには、逆に渋い色合いのクリスマスローズや、銅葉のベロニカ・グレースを植えます。
こうすると、主役・脇役双方がより引き立ちます。
ラナンキュラス・ラックスの前方に植えてある黄色や白のラナンキュラスも、主役との色合いを考え、主張が強すぎない温かみのあるものを選んでいます。

また今回は、あえて枝が暴れている
コンボルクルス・クネオルムを使用しました。
これは、寄せ植えに動きを出して、おとなしくなりすぎるのを避けるためです。

各苗はやや外側に向けて、放射状に広がるように植え付けます。
苗同士の枝が交差すると、きれいな寄せ植えにはなりません。

主役でない花の花数が多く、主張が強すぎる場合は、適度にカットして構いません。
今回は、サクラソウ(完成した寄せ植えの写真左手の濃いピンクの花)を一部カットしています。

なお、必要に応じて支柱を立てますが、その場合は、剪定枝などなるべく自然素材のものを使うと、目立たなくていいそうです。

寄せ植えの際は、詰め込みすぎにならないよう使用する苗の数に気を付けてください。
今回は講義のためわかりやすく見ごろの株を使っていますが、本来はこれから見ごろを迎える苗を植え付けるので、完成当初はもう少しすっきりした印象になります。
しかし、土と置き場所に気を配ってあげれば、いずれ今回の完成品のような美しい姿を見せてくれます。

クリックで拡大


クリックで拡大


最後に、受講者の方全員にシモツケの苗をお配りしました。
現在は落葉している時期(=休眠期)なので、植え付けの際多少根を切っても大丈夫ですが、これから春を迎え新芽が出てきたら、根を切ってはいけません。

また、鉢植えの場合は、根詰まりを起こすと葉が黄色くなります。
その場合は、ひと回り(高さ約10cm、半径が指2本分程度)大きい鉢に植え替えましょう。

今年度の暮らしの園芸講座は、今回が最後です。
次回は4月25日(水)に、「種から花を育てよう!」というテーマで開催いたします。
現在足立区公式ホームページにて、受講申し込みを受け付け中です。
皆さんふるってご応募ください!

クリックで拡大


クリックで拡大


▲ページの先頭に戻る

1月30日(火) みどりのカフェを開催しました。

2018年02月02日(金)

1月30日(火)にみどりのカフェを開催しました。

今回からは場所を庁舎ホールに変更し、
午前はぷらっと寄せ植え、午後はみどりのレッスンになりました。

まず、ぷらっと寄せ植えでは、
アネモネ、プリムラ・ジュリアン(ディスカバリングストライプ)、シロタエギクの3苗を使って
寄せ植えをしました。

プリムラは、単色の花色が多いですが、
今回は縞模様の花を用意したので、皆さん珍しい、綺麗とおっしゃっていました。

初めての方もいらっしゃいましたが、
みなさん上手に寄せ植えを作っていました。

持ち帰られた寄せ植えは、日向に置いて育ててください。
土の表面が乾いたら水をやりましょう!
また、寄せ植えに雪が当たる(かかる)と花苗が弱ったり、
土が凍ってしまうので、雪の予報が出たら、軒下か屋内に一時的に置いてください。

サブメニューは、
ハーブの石けんづくりでした。
作り方は、石けん素地にハチミツと、ラベンダーやタイムなどのハーブ、
キンセンカのハーブティーをスプーンで3.4杯入れ、よくこねます。

石けん素地の粒がなくなったら、形を整えて完成です。

当日は気温が低く、石けん素地の粒がなくなるまで
時間がかかっていましたが、みなさん楽しそうに
作られていました。

クリックで拡大


クリックで拡大


クリックで拡大


クリックで拡大


午後のみどりのレッスンは、
テーマが「花木はじっくり育ててみよう!」で、講師は徳原真人先生でした。

前半の講義では、
後半の寄せ植えに花木(アベリア)を使うため、主に樹木についての知識を学びました。

まず、樹木は草花とは違い、数年から数十年生きるので、その樹木の性質を理解して
植える場所や管理する場所と目的を初めから決めておくことが大切です。

次に、樹木は、大きく分けると常緑樹と落葉樹に分けられます。
常緑樹は年間を通して葉が付いている木で、年中緑が楽しめます。
しかし、狭い庭に常緑樹が多いと暗く重たい感じになってしまいます。

落葉樹は冬に全ての葉を落とす木です。
新緑の魅力があり、季節の移り変わりを楽しめますが、冬は寂しい感じになります。

また、目的にあわせて樹木を選ぶことも大事です。
綺麗な花が咲く木、実を楽しむ木、葉の色を楽しむ木など様々あります。
どの樹木が良いかは、置き場所や環境等も考えて選んでください。

後半の実習では、
花木(アベリア)とビオラ1苗、パンジー2苗、ヒナソウ1苗を寄せ植えしました。
(今回はアベリアが大きかったため、花苗は4苗から3苗を選び寄せ植えをし、
残りの1苗はお持ち帰りということになりました。)

花木を寄せ植えに使うのは今回の実習が初めてだったため、皆さん少し難しそうでした。
特に、無駄な枝を整理する作業では先生の実演を真剣に見ていました。

アベリアは耐寒、耐暑性があり、土質も選ばない丈夫な花木です。
開花期は5月から10月までと長く、何回も花を咲かせます。
しかし、開花期間中に剪定をしてしまうと、2ヶ月間ほど花が咲かなくなるので
剪定は開花期間後に行ってください。

次回のみどりのカフェは、2月27日(火)、場所は、区役所庁舎ホール前です。
10:00から11:30がぷらっと寄せ植え
13:30から15:30までがみどりのレッスン(お申し込みは締めきりました)です。

みなさんのご参加お待ちしております。

クリックで拡大


クリックで拡大


▲ページの先頭に戻る